ブラインドタッチの練習法(ブラインドタッチで人生変える) | 斉藤スタイル

ブラインドタッチの練習法(ブラインドタッチで人生変える)

スポンサーリンク

どうも、斉藤です☆

ブラインドタッチで人生変えるブログです。(いまのところ)

新社会人のみなさん、ブラインドタッチできますか?

私はお恥ずかしながら30歳になってブラインドタッチをマスターし、仕事の効率化に目覚めました。

ブラインドタッチができれば仕事のスピードが格段にあがる

そこからさらにショートカットキーまで学べば、それを知らない人に比べれば、歩いて移動している人に対して、自転車に乗って移動しているくらいスピードが違います。

では、どのくらいの時間練習すれば習得できるようになるのかというと

だいたい、毎日20分から30分ほど練習していけば、二週間でゆっくりでもキーボードを見ずにキーをおせるようになります。

一か月もすれば、だいぶ早く押せるようになります。

スポンサーリンク

二か月で完全に仕事でも効果が出てきます。

なので、二か月は毎日すこしずつでもいいんで、頑張って練習してみてください。

最初の一週間がしんどいですけど、そこを抜ければ、自分なりに工夫して楽しみながら練習する方法もあります。

一週間は我慢です!

練習方法

必ず守ることは、

ホームポジションを守ること

ホームポジションとは、「F」「J」のキーにでっぱりが在りますが、そこに人差し指をおくポジションのことです。

小指で押すキーは小指で押し、薬指で押すキーは薬指で押すことです。近くのキーだからといって、ほかの指で押してはダメです。それでは、キーボードを見てしまうからです。キーボードを見てしまっては、いつまでたってもブラインドタッチはできるようにはなりません。

次に、どうやって練習すればいいかというと、

①「あいうえお」「かきくけこ」「さしすせそ」を「ん」まで打てるようになること

②「がぎぐげご」から「じゃじゅじょ」までの濁音や、「ぱぴぷぺぽ」までうてるようになること。

これを毎日15分でもいいので続けてください。

一週間すればだいぶ打てるようになるので、そのあとは、

③文章を打つ(本や漫画でもよい)

次がおすすめですが、

④音楽を聴きながら、歌詞を打つ

私は、KANA-BOONの曲を聴きながら打っていましたが、全然歌に追いつけませんでした。

最初はゆっくりめの曲で練習してみて下さい。

⑤タイピングソフトでスコアを意識して練習する

三週間ほどたってだいぶできるようになったところで、タイピングソフトやサイトで練習してみると自分の力を数字でみることができ、モチベーションが上がりますよ!

個人的には、「e-typing」が実践的でおすすめです。

いろんなテーマがあり、ジャンルを自分で選ぶことができます。

しばらくは、「e-typing」で実力を磨いてください。

2か月たつころには、点数もだいぶあがり、仕事でもキーボードを見ずにスラスラ打てるようになります。

ここまでくれば、ブラインドタッチをマスターしたといってもいいです!

ここから先は、エクセルやショートカットキーの使い方を覚えまくって仕事に生かす段階です。

それでは、また。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です