Windowsのショートカットキー?何それ?おいしいの?というレベルの人は絶対に読むべし! | 斉藤スタイル

Windowsのショートカットキー?何それ?おいしいの?というレベルの人は絶対に読むべし!

スポンサーリンク

どうも、斉藤です☆

皆さん、Windowsのショートカットキー使ってますか?

これ使ってないと定時で帰れませんよ。

 

今日は、知っていればかなりの時間短縮になるショートカットキーを紹介します。

 

これは絶対使って欲しい!「Altキー+Tabキー」:ウィンドウの切り替え

Excelを使うときに資料を確認しながら、Excelを使いたいときってありますよね、いちいちマウスでネットのサイトを表示させて、また戻るときにマウスでExcelをマウスで選択する。

 

この動作はかなり時間がかかりますね。面倒ですよね。資料を印刷して確認しますか?それでも印刷する時間はかかりますよね。印刷した資料を見て、画面のExcel見て、また紙の資料を見て、の繰り返し。肩も凝りますし、疲れます。わたしの理想は、ノーストレスで仕事をすること、精神的にも肉体的にも。

 

理想は画面を見たまま、Excelの作業ができること。

 

そのためには、Excelと確認したいファイルを開いた状態で、Excelで仕事をしているときに、この「Altキー+Tabキー」を押すと、その開いているファイルに画面が変わり、再度「Altキー+Tabキー」を押すとまたExcelの画面に戻ります。

スポンサーリンク

 

また、いくつもファイルを開いた状態だと「Altキー+Tabキー」を押すたびに開いているファイルを順番に画面が表示されます。

 

いちいちマウスを持ってファイルを選択しなくても、画面の表示を変えることができるのです。

 

「Altキー+F4」:ファイルを閉じる

 

ファイルを閉じるときに、「×」にカーソルを合わせて、クリックってすごい時間かかりませんか?カーソルがうまく合わなかったり、うまくクリックできなくて画面が最大化したり。w

 

一日にファイルを閉じる回数を考えると一回あたりの時間を0.3秒くらいにしておきたい。ファイルを閉じるのに、マウスをつかって3秒もかけてられないですね。

 

このショートカットキーで時短をはかってみてください!

 

画面を最小化する「Windowsキー+M」

 

いくつもファイルを開いている状態で、デスクトップを表示したいときって、マウスで「 ー 」を何個もクリックして、最小化してデスクトップに戻ってますか?

 

それだと何回もクリックしないといけないですし、デスクトップに戻りたいときって一日に何回もありますよね?

 

これを一瞬でできるのが、この「Windowsキー(窓のマークのキー)+M」です!

 

これを一回押すだけでデスクトップを表示できます。そこからファイルを選択するのも楽ちんです。

 

私はこのショートカットキーを知ってから「×」の閉じるや、「ー」の画面の最小化は一回も押したことがないですね。それだけの効果があります。

 

最低でもこの3つを知っていれば、面倒なマウス操作や面倒なクリックはかなり減ります。是非使ってみて下さい。

 

ショートカットキーを学ぶのにおすすめの本

 

最後にショートカットキーを学ぶのにおすすめの本を紹介します。

 

ネットで紹介しているサイトもありますが、調べるために毎回毎回ネットを開いて調べるのは面倒なので、一冊手元に置いてすぐに見れるようにしておくのがいいです。

 

私はこの本一冊だけ購入し、手元に置いてあります。値段も安いですし、カラーで、word、excel、Windows、Gmailのショートカットキーまであるので、この一冊ですべてをカバーできます。

「一瞬で差がつくPC活用術 ショートカットキー」インプレス

 

仕事を早く終わらせて、帰って自分のやりたいことやしたい勉強などの時間に使ってください。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です