シャンクレールのフリータイムの戦略・必勝法をガチで考えてみた | 斉藤スタイル

シャンクレールのフリータイムの戦略・必勝法をガチで考えてみた

スポンサーリンク

 

どうも、斉藤です☆

 

以前、シャンクレールに初めて参加して、彼女ができました、という記事を書きました。

 

シャンクレールにも個室のパーティーが東京駅・池袋・新宿・千葉・横浜にありますが、フリータイムが苦手な人にとって、個室パーティーは本当にありがたいです。

 

ただ、斉藤が初めて参加したシャンクレールの個室開催ではないパーティーでカップル成立し、その後付き合うことができました。

 

その1年後、その彼女と別れてしまい、再度シャンクレールのパーティーに参加しましたが、フリータイムの立ち回りの難しさと、かわいい子の競争率の高さに困っていました。

 

話したい人と会話できず、カップル希望を妥協して記入している自分がそこにはいました。。。。

 

なんとかして、シャンクレールのフリータイムを攻略したい、フリータイムで話したい人と話したい!!

 

そう強く思った斉藤は、ガチでシャンクレールのフリータイムの攻略法と必勝法を考えてみました。

 

なかなか婚活パーティー「シャン・クレール」のフリータイムで積極的に話しかけに行けない人や、他の多数の男と一緒にかわいい子に列をなすのが嫌だ、自分の魅力と実力で対等に公平に勝負したい、という人はシャンクレールの個室開催のパーティーがおすすめですよ。

スポンサーリンク

 

フリータイムで話したい人を5人決めておく

 

フリータイムは5回あります。一人あたり5分ほど会話することができます。

 

ここで毎回話したい人と一緒になるとは限らないので、5~7人ほど話したい人をあらかじめ決めておきましょう。気になっている人のところに行列ができていたら、並ぶ、という選択肢も考えておきましょう。

 

5人決めたら、その中で一番話したい人と席が近いなら、一番最初に話しかけに行きましょう。

 

その前に、作戦をたてておきます。

 

いきなり「フリータイム開始です!」とアナウンスされてから、ダッシュでその人のところへ行くのはおすすめしません。

 

ちょっと相手に引かれてしまいます。

 

「できるだけスマートに」というのが婚活での大事なポイントです。

 

できるだけ焦っているそぶりを見せずに歩いていきましょう。

 

そして、もしフリータイムで会話したい人の席が遠かった場合。

 

その人のところに列ができていれば並んで待つか、その人の席の近くの人と最初のフリータイムで会話するのが得策です。

 

席の近くにいれば、2回目のフリータイムですぐに話しかけに行くことができるので安心です。(ただ、別の近くの人も同じ人を狙っている可能性あり)

 

なんとか2回目のフリータイムまでには、一番話したい人と話せると安心できます。

 

並んで待ってもいいですが、フリータイムで話せる人が少なくなってしまうので、カップル希望に記入する人が少なくなって、カップル成立する確率が少なくなってしまいます。

 

そのリスクを引き受けた上で並ぶのも良いでしょう。個人の自由です。カップルになれるのも一人ですしね。

 

気になる人にはメッセージカードを渡すべし!

 

そして、気になる人にはメッセージカードにLINEのIDなどを書いて必ず渡しておきましょう。もし、カップルになれなかったとしても、連絡をとってみて後日デートに行けるかもしれません。

 

私の知り合いで、カップルになれなくても、連絡をとってみて後日デートに行き、恋人同士になれた人もいます。カップル成立しなくても諦めずにLINEなどで連絡はとってみましょう。望みはありますよ☆

 

フリータイムでの会話中は、さわやかな笑顔、お互いの趣味や好きなことの話など、できるだけ明るく笑顔になる内容の話が良いでしょう。

 

婚活で大事なのは爽やかさと、身だしなみの清潔感です。あとは、明るく笑顔に会話していれば、何回か婚活パーティーに参加していれば、自分のタイプの人とカップル成立するでしょう。

 

シャンクレールは、20代が多く、参加人数も20人ほどと多いため、たくさんの人と出会いたい、という人にはお勧めです。

 

シャンクレールが気になる方は、下の公式ホームページからチェックしてみてください。個室のパーティーは、東京駅・新宿・池袋・千葉・横浜で開催されています。

婚活パーティー「シャン・クレール」

気になる人はぜひ参加してみてください。

 

では、また!

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です