大学生時代が暗黒時代でも、社会人デビューできてリア充になれるし、人生逆転できる! | 斉藤スタイル

大学生時代が暗黒時代でも、社会人デビューできてリア充になれるし、人生逆転できる!

スポンサーリンク

 

どうも、斉藤です☆

 

大学の時に友達も少なく、彼女もできず、全然リア充じゃない、モテない、と悩んでる大学生諸君。そんなに悩む必要はない。

 

社会人になったら自然と社会人デビューできるし、リア充になれるし、大学時代の人生から逆転できます!私が保証します☆

 

社会人になったら、何倍も楽しい人生が待ってるから!

 

実は斉藤、大学時代に彼女はできなかったんだ。4年は長いな。というか、彼女いなかった期間はもっと長いけど。

 

サークルには入ってたけど、チャンスを活かせず他のヤツにもっていかれてしまった、悲しい過去がある。

 

周りはバカみたいにデートだ、花火だ、温泉旅行だ、と浮かれている中、斉藤の大学時代にはそんな明るいことはほぼなかった。

 

合コンに一回だけ行ったことがあるだけで、なんかよく分からない内輪トークが女子の間で展開されて、全然入れなかった。

 

そもそも、今までほぼ勉強の人生を送ってきたのに、いきなりそんなチャラい集団に入るなんて無理やわ。今考えても。もう少し時間が必要だった。

 

ただ、チャンスはあった。大学時代に学んだことは、チャンスはそんなに多くは来ない、その少ないチャンスは絶対に逃しちゃいけない、というのは確実に学んだ。それを社会人になってから存分に活かしている。

 

大学生と社会人の違い

 

大学生のメリットは、時間があることである。しかし、お金がない。旅行に行きたい、温泉旅行に行きたいといっても、その資金をなんとか稼がないといけない。友達との遊びや、飲み会などで意外とお金が飛んでいく。

 

自分のやりたいことに使うお金が残りにくいのである。

 

社会人のメリットは、お金があることである。しかし、時間が学生に比べて少ない。自由に使える時間は平日でも、6時以降の時間と、土日のみである。

スポンサーリンク

 

やりたいことがあるなら、計画を立てて効率的に進めないといけない。

 

大学生と社会人を比べて、どちらにより大きなメリットがあるかと考えると、断然、社会人であると斉藤は答える

 

時間があってお金が少なくては、やりたいことができないし、たいてい飲みに行く、旅行に行く、おいしいものを食べにいくにしても、それなりにお金がかかる。女の人と行くとしたら、なおさらだ。

 

お金が少なく、時間がありあまっている場合、できる遊びといえば、テレビゲーム、スマホでゲーム、サークルの部室でスマブラかウイイレ、図書館で読書、漫画読む、DVDレンタルして映画みる、ネットでブログ読む等、

 

斉藤はこんなことばかりやっていた。大学時代は非常に文化的な時間を過ごさせてもらった。親には感謝している

 

その代わり人との交流に全然お金を使ってこなかった。彼女もいなかったし、海外旅行にも行かなかった。クラスに仲のいい友達が何人かいるくらいである。そこは反省しているし、だからこそ、社会人になってからは、外で人と会ったり、遊んだりすることに重点を置いてきた。海外旅行にはまだ行ってないけど。(今年は行きたいです)

 

学生時代のような引きこもりの時間は、もう充分だ。

 

学生次代がリア充かといわれれば、個人的にはリア充だが社会的なリア充ではないだろう。

 

社会人になったら何ができるか

 

社会人はお金がある。実家暮らしならなおさらだ。出会いが欲しければ、街コンに行けばいいし、おいしいもの食べに行きたかったら多少高くても実家暮らしなら全然いける。

 

温泉旅行や海外旅行にだって、休みがあれば簡単にいくことができる。

 

学生時代にお金が理由でできなかったことが、簡単にできるようになる。

 

斉藤は学生時代の自分ならやらなかったことを、友達に誘われることをいいことにひたすら経験してみた。

 

相席屋、街コン、婚活パーティー、夏フェス、ライブ、スポーツバーでサッカー観戦、温泉旅行、西麻布のクラブでオールなどなど。

 

斉藤は、社会人になって初めて行った街コンで彼女ができました。20代で仕事で出会いがない、という人は街コンをおすすめします。こちらの記事で詳しく紹介しています。「街コンに行ったら数年ぶりに彼女ができたので、おすすめの街コンを紹介するよ!」

 

また、街コンのノリにちょっとついていけない、という人や、そろそろ結婚を考えているという人は婚活パーティーもおすすめです。婚活パーティーの体験記は「婚活パーティーへ初めて行ったら彼女ができたので、おすすめの婚活パーティーを紹介します!」で紹介しています。

 

とりあえず経験するというのが大事ですね。経験せずに他人を批判するような大人にはなりたくなかったので、一通りパリピ的なものは経験したと思います。

 

んで、どこ行っても、意外と普通の人いるんですよ。「あー、普通の人もおるんや」みたいな。

 

だから、リア充がどうとか気にせず、経験してみたらいい。大学時代の自分からしたら、西麻布のクラブでオールなんて考えられなかったですからね。

 

結論 社会人になったら自然にリア充になれるから、心配すんな

 

社会人になれば、自分がやりたいこと、こうなりたい、と思うことは大体できます。方法を自分で探すことと、先入観を持たずにとりあえず経験してみることが大事だと思いますよ。

 

社会人になってから、友達を増やすこともできますし、今までやらなかったことを始めることもできます。

 

正直、大学時代よりも全然自由ですね。

 

ブログをはじめれば、オフ会で気の合う人が見つかるかもしれないし。できることはたくさんあります。

 

ただ、仕事場と家の往復じゃつまらないですよ。たまには、違う駅で降りてご飯を食べてみたりするだけでも、世界は広がりますよ!

 

充実した社会人生活を!

 

では、また!

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です