世界一の朝食が食べれる「bills」へ行ってきた~日本一のパンケーキを求めて~ | 斉藤スタイル

世界一の朝食が食べれる「bills」へ行ってきた~日本一のパンケーキを求めて~

スポンサーリンク

 

どうも、斉藤です☆

 

夢は「はてなブックマーク」の人気エントリにランクインし、人気ブログになることです!

 

というわけで、先日、斉藤は女の人と二人で、表参道の「billls」という世界一の朝食で有名なお店に行ってきました。パチパチパチ

 

最初は、レインボーパンケーキへ行ってパンケーキを食べようと思ってたんですけど、休日の午後16時ごろ店に行くと、20人くらいの行列。

 

これは待てないと思い、別の店へ。Eggs ‘n Thingsへ行っても、10人以上並んでいたので、暑くて外では待てない、と東急プラザの7階の「billls」へとりあえず行ってみました。

 

行ってみると並んでいるのは7人ほどで店内も広く、食事が終わり、出てくる人もいたので、ここなら入れると思い、15分ほど並んで入ることができました。

 

周りを見ると大体、皆が世界一の朝食と言われる「スクランブルエッグ」と、リコッタパンケーキを食していました。非常においしそうに。

 

ここはビルの7階。少し外の景色も見えますし、店内も広く開放感があって非常に気持ちがいいです。代々木公園も見えます。渋谷のビル群やマンションも見えます。新鮮な景色です。

 

僕らも大衆と同じく、スクランブルエッグと、リコッタパンケーキと飲み物を注文し、しばし待つことに。

 

飲み物といっても、さすが表参道。値段が違いますね。私がよく行く「HUB」とは大違いですね。

 

この「billls」周りを見回すと、可愛い子がたくさんいます。一人で来ている子もいます。一人で来るなんてなかなかですね。私は何か食べたいものがあっても一人ではいけないですね。一人パンケーキなんて優雅ですね。

スポンサーリンク

 

そんなこんなで他愛もない話をしていると、最初に来たのがスクランブルエッグ。

 

 

スクランブルエッグは私の得意料理ですからね、盗めるところは盗もう、というか自分の方が勝ってるかもしれない。と淡い期待を抱きながら、一口目を口に運んだ。

 

あーー、まろやかな味だ、いいバターといい生クリームを使っている。というところまでは分かった。

 

この柔らかさはどうやって出しているのだろう。そこは未解決のままだ。

 

ただ、いい食材、いいバター、いい生クリームがあれば、スクランブルエッグはそれなりにいいものは誰でも作れるのではないだろうか。

 

そんな疑念を斉藤はぬぐえなかった。

 

あのバターと生クリームがあれば、自分にだってできるんだ!そう強く思う、いや思わせてくれ。

 

次にパンケーキが届く。結構な量だ一人ではちょっときついかな。頑張ればいけるけど。

 

パンケーキを食す。

 

うん、おいしい。甘くて、味もそこまで濃くないし。

 

なるほどね。はいはい。

 

いやいや、まあ、おいしいですよ。甘くてね。

 

ただ、甘い物好きな私に言わせると、Eggs ‘n Things」の方が個人的には好きだ。いろんな味があって、クリームの量もすごい。だが、味は濃くない。エンターテイナー性もある。実に面白い。

 

「billls」のパンケーキは非常にシンプルだ。私は思った。たしかに、おいしい。おいしいが、「まあ、オーソドックスかな」「まあまやね」と思った。

 

もっとおいしいパンケーキを代官山などで食したことがあるからだ。

 

日本一のパンケーキを食してみたい。「ここが日本一だああ!!」と大声で言えるところを見つけたい。

 

ワンピースのサンジが魚人島に到着し、美人の人魚がたくさんいるのを見て「ここがオールブルーだああ!!」と叫んだように。

 

絶対にある。東京都内に。まだ自由が丘には降り立ったことがないので、いつかは自由ヶ丘で日本一のアップルパイと、日本一のパンケーキを見つけることが私の人生のライフワークです。

 

ただ、休日の表参道は人がとても多く、ただ歩いているだけでも疲れてしまった。やっぱり行き慣れた新宿に行くと落ち着く。「あー、帰ってきたわ」と感じますね。

 

是非、次はレインボーパンケーキにリベンジしてきます!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です